読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「やりたいこと」が見えない「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」

iPhone Game

2013-04-18 14.20.44フルコンボでスコアこれかよ。めんどくさいな。

というわけでスクフェスについてある程度進め、「プレイヤーのやること」について見えたのでお伝えしたい。

SZP6v

遂にトップセールスの2位に躍り出たことは褒めたいが、スクフェスのゲーム性を考えると「注ぎ込まれ続ける」物とは大抵思えないのだ。まさにSTART:DASH!!という奴である。


モブと友達とボーナス要素とソートと合成。

2013-04-18 15.56.40

ツラだけ綺麗なトーシロばかり良く揃えたもんですなあ。

スクフェスにはモブキャラが1属性につき9キャラおり、合計で27キャラいる。こいつらのレアリティは全員[N]。つまりノーマルである。レア以上は無し。全員ボイス無し。ユニットに組み込んで楽曲をプレイすると手に入る「絆ポイント」を溜めてMAXにするとサイドストーリーが読める。といっても最短3タップで終わるようなものだが。当然ボイス無し。音ゲー時のスキル無し。

で、ここからが本題だ。このゲームでは「絆MAXにしたユニット数」など様々な要素でボーナスが発生する。モブ含むキャラ一人を完全に育てると、育成ボーナスとして一個85円で販売中のラブカストーン1個と合成の為のG(何の略だコレ)を2000G手に入れる事が出来る。

ただ楽曲をプレイして経験値を稼いで楽曲解除やメインストーリーの為のプレイだけしていてもしょうがないので、当然これを目指すことになる。20000Gはだいたい、ハード曲20回プレイで手に入るGの量。課金では直接的には増えない。

以前ブログで紹介した通りモブはモブなので愛着の湧きようがない。が、育てない訳にも行かないので必然的にモブのみのユニットが出来上がる。この時点でラブライブ!感皆無。だがやらないわけにはいかない。これをやらないと「金を払ってガチャを引いてそのキャラを合成用に売る」というハメになるからだ。そういう作りなのだ。

なおモブは育て終わっても、ロクに育ってないμ’sメンバーの足元にも能力が届かない、という事を述べておく。

2013-04-18 23.50.18モブは基本、楽曲をプレイしての褒美として2~3人得て終わり。モブの入手手段も問題で、大量のモブを入手するためには「友情ポイント」という物を集めて無料ガチャを引く必要がある。

友情ptの主な入手手段は「楽曲をSランク・フルコンボクリア」または「プレイ回数褒賞」となっている。楽曲をSランクは金を払ってμ’sメンバーで固める必要あり。フルコンボ音ゲー廃人でないと無理。プレイ回数はLP(行動値)の件もあるので万人がキツい。といった感じ。というか大きな入手手段がコレなので回数以外のものを取り尽くすと割とマズい作りになっている。

2013-04-18-17.17.28

ライブ開始前の友達選択で得られるこの5とか10という数字を集めてガチャる必要がある。1ガチャ100ポイント。遅々として溜まらない。というか、これぐらいしか「ソーシャル」な要素が無いので「ラブライブ!ソーシャルゲーム」とか抜かしている連中は腹切って詫びろ。トレードも未実装だっつーの。

というわけで課金しようがしなかろうが、既にこのモブ周りでスクフェスは不味いのである。モブありきでゲームを作った割に、モブは「μ’sをレア以上の存在」にするための存在でしかないし、それ故有料ガチャに組み込むわけにもいかず、入手手段が限られている。

楽曲をプレイして、頑張って頑張っても1曲当たり出てくるのはモブ3人だけ。イージーでもハードでも3人だけ。消費LPを考えるとイージーを延々と回した方がハードの3倍有利。経験値にしても売り払っても安い。このままでは「お客様に有料ガチャでキャラを出し、それを売り払ってもらって合成していただく」という展開になるわけだがいいのだろうか。カード要素自体トレードも競い合いも無い自己満足なわけだが。

2013-04-19 00.10.03

これまたUIが非常に悪く、ソートに「絆ポイント」によるものがない。「絆ポイントを溜めてサイドストーリーを読もうね!」という作りにしている癖に絆ソートがないので、自分は27人いるモブのうちのどれを覚醒させたのか、今育てているのは誰なのか、を注意深く確認しながら使う必要がある。

一応「お気に入り」の機能でロックをかけることはできるものの、使い勝手は良くない。というか属性ごとのソートごとを押すと[キャラの属性]>[その属性値]でソートされず全キャラで属性値がソートされるのはどうにも納得いかない。入手順ソートも無いしないない尽くし。レアリティ(降順)が今の所一番有用ではあるが、面倒くさいのには変わりないだろう。

入手経路の限られたモブを27枚、覚醒用にもう27枚、綺麗に引けなきゃさようなら。
明らかに数の回ってこないモブもいるあたり、モブの中でもレアリティがあるようだ。なんだかなあ。


音ゲーとしてみた場合のスクフェスとランキングの空虚さ

2013-04-18 14.20.44

冒頭にお伝えしたが、このゲームでは最高難易度でフルコンボを繋ごうが、カードを育てて集めて属性を合わせない事には意味が無い。Sランクになど乗るわけがない。Cランクにすら乗らない。音ゲーマー的にこんなに萎える話は無いだろう。スコアだってハイスコアしか出ないから「ここ最近との比較」が出来るわけでも無いし、とことんやる気を煽る要素が見つからない。

そして全体でのランキングだが、「フルコンしてもしょうがない」から分かる通り、ただの金ぶっこんだ奴ランキングである。そも従来のエンドレスバトルやマフィアゲームの文脈で一位になるために殴り合わせるカードゲームとは根本的に違うのだ。何故なら音ゲーは純粋に自分の腕と対話するものであり、他人がどうこうとか関係の無いものだからだ。これに乗るために金を払う奴がいるかと言われると少々首をかしげざるを得ない。

そして譜面だ。ハイスピードオプションやランダムオプションが無いので個人で調整しようがないのもそうだが、もっと悲しむべき一つの事実がある。譜面の気持ち悪さについてはこれまでお伝えしてきたところだが、その理由が判明した。それはこのゲームがハード譜面基準で作られており、ノーマルもイージーも「適当」に音符を消して作られただけの歯抜け譜面であったという事実である。

ハードで拍打ちさせてリズムゲームしている所を歯抜けにしているため、イージーやノーマルでは拍打ちすら無く飛んできた順にタッチするだけのゲームになっている。しかもハードでも表拍と裏拍が何故か頻繁に入れ替わるために表拍のみで対応する事が出来ず、ミスを誘発する作りになっている。リズム天国ゴールドのウラオモテも真っ青なリズムゲームがこのスクフェスなのだ。

間違ってもこのゲームの音ゲー部分全体を「クオリティが高い」だのなんだの褒めてはいけない。もしあなたがiPhoneを持っているなら、グルーヴコースターを250円で落としてきて遊ぶべきだ。リズムゲームの何たるかを、タイトーが直々に教えてくれる。

iTunes App Storeで見つかる iPhone 3GSiPhone 4iPhone 4SiPhone 5iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPod touch (第5世代)、およびiPad 対応のグルーヴコースター
https://itunes.apple.com/jp/app/guruvukosuta/id442689429?mt=8

2013-04-15-s20.12

譜面のいまいちさもそうなのだが、このゲーム当たり判定が割と厳しい。携帯電話を横持ちで両手持ちさせるわけだから、普通は親指の腹で叩くことになるわけだ。「指先で触れているつもりでも実際に最初に触れるのは思っているよりも腹側」というのは良くある話で、このゲームはそれについて考慮されていない。素早く左右に打ち分けたり、隣のボタンをパタパタとタップさせるのだからそこでさらに正確にタップさせるのは酷というものだろう。

またこのゲームは中央の音符からが出てきて9個のボタンに飛ぶわけで、円の中心部分にある時は割と見分けがつきにくい。どうせなら中心部からボタンまでガイドを引いて欲しい所である。いやまあ、背景に非常にカラフルなキャラ絵が横切るからそういうものを出したくなかったというのも分かるのだが、そもそもそのキャラ絵自体もハッキリ言って邪魔だし、気持ちよく音ゲーを繰り返し遊んでもらえないならその時点で客は逃げるだろ。現にチュートリアルも兼ねている僕らのLIVE 君とのLIFEのイージーの時点で相当数の苦情と脱落者が出ているみたいだし。追加オプションでどうにかしろ。

リズムゲームなのだからもっと画面にテンポに合わせて鼓動するハートとかおけばいいのに。リズム天国ならば体を上下させているし、DDRならラインの矢印がピコピコ光る。IIDXなら小説ごとにラインが上から降ってくる、などなど「音ゲー」ならどこでもやっている当たり前の配慮がこのゲームには欠けている。PERFECTの判定も中々厳しいのだから「少し早い」「少し遅い」ぐらい出しても良いとおもう。

2013-04-17 19.29.30
音ゲーなのに「プレイ履歴」についても軽視し過ぎだ。今までに獲得したスコア一覧も見られないし、MISSやGREAT、PERFECTなどの回数を記録するにはスクリーンショット機能を利用する他ない。

スコア自体が自分の腕と対話するもので無いという時点でハイスコアが何の重みも持たないのは分かっていたが、それにしたって「過去の自分の最高コンボ数とスコア数」についてゲーム画面にうっすら表示してくれたって良い筈ではないか。

なお先日の記事にもあった通り、スクフェスの只今の楽曲は1st~5thの楽曲のA面B面合わせて10曲である。宣伝文句に「10曲以上」とあったので、ギリギリセーフだ。以上という単語がそれ自体も含めてくれる単語で本当に良かった。うん。楽曲は毎月追加予定だそうです。

LPによる連続プレイ数の制限は別にいいのだが、それの最大値が問題である。ハード難易度でプレイする場合、連続で遊べるのはゲームが進行しても2曲3曲と言った所。LPを使い果たした後に、さらに遊びたい人に「85円を音楽ゲームの為に払わせる」となれば100円4曲5曲のものと競わなければならないはず。LPの最大値を今の倍にした方が気持ちよくコンティニューして貰えると思う。「音ゲー」としての歯ごたえを求めるような人間を相手にするならば、だ。

追記:LPの消費量が若干軽減され、ハードが一曲15LPに統一されることが発表された。後半の曲のプレイ回数緩和は素直に喜ばしい。とは言え依然として「3曲設定」なのは変わらない。


肝心のμ’s要素について

vgGp1eq

画像は11連ガチャ(3000円相当)を行ったとある勇者の抽選結果である。レアのみ。

モブが27人いるが、レアのμ’sも27種類ある。スマイル、ピュア、クールの属性ごとに1枚だ。最初のキャラ選択で貰えるのは「スマイル」のレアμ’sである。各種類を解説すると

  • スマイル
    テレビアニメ版制服絵(2013)
    ↓覚醒
    夏色えがおで1,2,jump!衣装絵(2011)
  • ピュア
    制服絵(2011)
    ↓覚醒
    もぎゅっと”love”で接近中!衣装絵(2012)
  • クール
    制服絵(2012)
    ↓覚醒
    Wonderful Rush衣装絵(2012)

という感じで既存絵で構成されている。システムボイス自体は最初にお気に入りのキャラを選んでいるわけだし、レア自体は無料ガチャを10回やれば1回は必ず出るので私自身はあまり課金する気はしない。ともあれ、少なくともμ’sメンバーのカード絵柄は27*2の54枚は「見慣れた物」というかグッズ展開含めれば「見飽きた物」ですらあるわけだ。

なおこのレアカード、覚醒した時点でメニューでの特殊台詞がある上、3種類全部でスキル発動の台詞も違ったりするのでそこの細かさは褒めたい。とは言え、絵自体の使いまわしは使いまわしである。


cikb05T
もう一枚、11連ガチャした者の画像を置いておく。

重課金兵(あまりこの言葉を使いたくなかった)が狙うのは「完全新規絵柄カード」であろう。
上の段の一番右側の花飾りを付けた花陽が[SR]。
下の段の一番左側とその次の花陽が[UR]である。
この画像を上げた人、どんな豪運の持ち主だおい。

このゲームのカードのレアリティは低い順に[N][R][SR][UR]となっており、[SR]から新規絵柄である。
最上位の[UR]は現在宣伝中の通り「小泉花陽」「矢澤にこ」の2名のみカードが1枚ずつがある。その次の[SR]は各キャラ1枚だ。

本当にざっくばらんに申し上げると、このラブライブ!スクールアイドルフェスティバル。金を払って追いかけるべきカードは11枚しかない。

μ’sの9人がSR1枚ずつで9枚。
URに矢澤にこ1枚。小泉花陽1枚。計11枚。

それを覚醒させるためにもう1枚ずつ。計22枚。
図柄にして各キャラ2枚。花陽とにこは4枚。

数が少ないなら確率を搾りまくればいいじゃないかって?ふ~ん。

Xn9jW9e2013-04-19 02.46.34恐らく月1でBD付属URカードと絵柄追加が来るのだろうが、BD付属URが初期状態だとRより弱いという事が分かっている。ストレスなく遊ぶにはBDマラソン完走者にはいいのだろうが、BDを買っても尚……という金の匂いがする。育てばまだ別なんだろうけどね。この手の高ランクカードは大器晩成型ってのがお決まりですし。MM覚醒が無いだけましか。

追記:RとURを育て切るとどうなるか

[UR]Lv100 スマイル4195(+1000)  =5195
[R]Lv60 スマイル4060(+200)  =4260

括弧の中の数字は「絆ポイント」によるブーストである。カードをライブに使用して溜める絆ポイントは、サイドストーリー閲覧以外にも性能の底上げとして機能する。かかる時間や必要ない経験値はどうであれ、大器晩成というのは本当だったようだ。

で、このBD付属URカード。覚醒済みなのでもう一枚は必要ないのだが、「絆を溜めればすぐにサイドストーリーが見れますよー!」と公式から宣伝されている物の…その絆ポイントの必要量が1000である。1曲頑張っても30~40であることを考えればなかなか重量級の数字である。BDを買ってもサイドストーリーはすぐには見れないのだ。切ない。


僕らは今の中で

130320-0008330510-1440x810

ゲームリリース後数週間は確かに話題に上るであろうがそれも「重課金兵が課金してるぞ!ベストセラーだ!株買え!」というマネーゲームの方の話題であり、ゲーム自体の寿命は非常に短そうだなあというのが率直な感想である。少なくとも1プレイヤーとしては譜面の抜本的な改善が見られない限りはメインストーリーを現在公開中の5章まで読み進めた時点で止めてしまうだろうと思う。

もしモブに今後レアが来てレア覚醒サイドストーリーとか言われても、僕はそれなら27人いるモブの誰よりも雪穂(穂乃果妹)や亜里沙(ハラショーの妹ハラショーの方)を着せ替えたいし、覚醒させたいし、サイドストーリーを読みたいのでNo thank you。楽曲も追加されたところで後半に置かれるのなら解禁時期も遅くなるし3時間待ちとかやられても渋い顔をせにゃならんしで、ブシモとKLab(首の皮一枚で生き残るなら)にはFF14ばりの「改善」を要求したいところだ。

従来のカードゲームのノリと、パズドラのノリ、これとラブライブ!を三体合体して出来てしまったのが、このスクフェスである。合体事故などではない。最初から間違えていた。音ゲーのスコアはカード要素に妨害されて伸びず、カード要素は不要なレアリティにより「さあお金を支払って!」という見え見えの集金装置でしかない。ギルドと対戦を省いた孤独なカード収集がここまで虚しいものだとは。

今のままでは輝きを待ち続ける他ない。

 

アニメ楽曲、配信されないかなあ。

 

※余談 絵の話
このゲーム、iOSandroid両展開のせいなのか分からないがカード画像の解像度が割と低く、拡大すると粗さが目立つ。このお陰でカードを手に入れてもイマイチありがたみが無い。ぶっちゃけガチャだのなんだのと言っているのは「イラストデ-タの抽選販売」みたいな側面があるのだから、せめて売るなら価格なりのモノの作りをしておいてほしいというのはわがままだろうか。

※余談2 よそのレビューについての話

ひとつめ。
ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』の出来の良さにびびる:iPhoneゲーマーな日々70
http://www.gamecast-blog.com/archives/65743590.html

こちらのレビュー、恐らく音ゲー部分はあまりやり込んでいないうちに書いたのであろうが「フルコンボ」でもSが出ない金が物を言うゲームがスクフェスなので誤解を広める前に該当する文言を早急に修正した方が良いと思う。

ふたつめ。
【注目アプリレビュー】『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』 ラブライバーよ悲しみの愛を見せろ - ファミ通App
http://app.famitsu.com/20130416_154115/

PRの為に渡された画像素材であろうから突っ込むのもムチャな話なんだろうけども、配信当初に作中に一回も出てこない「僕らは今の中で」の衣装画像を貼ってキャラ紹介するのはどうかと思う。モブの事をサラっと流しているのは流石だと思うが。

 

※超余談 アレの話
ほのり、うみみ、ひよこのアレを友人から3つセットで貰ったんですが

 

どれも1・2回の使用で裂けました。