読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Xbox360版Minecraft、”very nearly 1.0.1”で追加される要素とそれによって起こる変化

minecraft-winter-cabin
2012年も末だ。
「着る毛布を纏って、暖かい紅茶を飲みながら、minecraftをやる」
それが今年のXbox360ユーザーの一番の幸せではなかろうか。

第7回目のアップデートとなる”very nearly 1.0.1”アップデートが今週実施される運びとなった。今回も単なる列挙でなく、要素の導入によりどう変わるかを具体的に説明していく。

なお、実機では未検証である。Xbox360版であることに起因する制限は考慮していない。

RPG要素の強化
mqdefault

今まで敵を倒していてもアイテムしか出てこなかったが、今度からは緑色の経験値オーブが出現するようになる。このオーブを集めると体力バー下のゲージが伸び、レベルアップする。

minecraft_34溜めたレベルを消費して、装備品へのエンチャントが可能だ。
エンチャントとは「アイテムに特殊効果をつける事」である。強化と思って差し支えない。

エンチャントを行うためには、新家具アイテムであるエンチャントテーブルを設置し、その周囲を画像のように本棚で囲む必要がある。これでエンチャントの準備は完了だ。
※PC1.2.5準拠なら画像のように組むのが一般的だが、最新版は数が少なくて済む
※実機で未検証

エンチャントは弓を含めた武器、防具、ツルハシやシャベルなどの道具に対して行える。細かい効果はこちらの記事を参照してもらうとして、どんなアイテムが作れるかというと

  • 特定モンスターに大ダメージを与えたり、攻撃時に火のつく剣
  • 耐久力のあるかぎり、矢を消費しない無限弓
  • 掘削速度が大幅にアップする長持ちツルハシ
  • 水中で長く呼吸ができ、掘削も速くなるヘルム

などなど、更にminecraft生活を快適にするものばかりだ。

一度エンチャントしてしまうとその効果は取り外せない。またそのアイテムが壊れてしまうと当然効果も消滅する。ダイヤ装備に付与するのが一般的であり、壊れやすい鉄アイテムに多額を費やしてもすぐ壊れてしまうのでお勧めは出来ない。

エンチャント効果は3つまで付与できる。エンチャントする時に多くのレベルを支払えば、より強力なエンチャント効果が多く付く事だろう。また、レベルを1しか消費せずにほんの少しだけ強化することも可能なので、道具よりは長く使うであろう防具に軽いエンチャントをつけておくのも良い。

ネザー要塞と醸造

Netherfortress
ネザー空間にはランダムでネザー要塞が作られるようになった。ネザー要塞は特殊建材のネザーレンガとネザーフェンスで組まれており、剥ぎ取って通常世界で建材として利用することができる。※暗すぎるので画像は過剰に明るくした

Nether_wart_three_sizes

ネザー要塞には足の遅くなる土ソウルサンドの上でしか育たない植物、ネザーウォートが植えられている。このネザーウォートが後述する醸造要素の最初の一歩となる。ネザー要塞外でも育つので、ネザーゲートの近くにネザーウォート畑を作ると捗る。なおネザーウォートは通常世界では発育しないので注意する事。

blaze2

ネザー要塞ならではの要素の二つ目がこの敵、ブレイズである。ブレイズは要塞上部に設置されたスポナーからのスポーンし、空を自由に飛び回る。こいつを倒すとブレイズロッドという金色の棒が手に入り、ブレイズロッドを使って醸造台を作るのが醸造を始める鍵となる。

ブレイズロッドは醸造台の素材以外にも醸造素材にもなるし、石炭のようにかまどの燃料にもなる万能素材だ。ネザーゲートからブレイズのスポナーまでトロッコを引いたり、空を飛ばれないために閉鎖空間を作ったりしておくと便利である。

※ただしこのネザー要塞はランダムで生成され、必ずネザーに出来るとは限らない(未検証) その場合醸造要素が使えないこともあり得る(未検証)

 

自家醸造。目指せエクスポーション

tumblr_m63gps12Ui1rq1xcqo1_1280

ブレイズロッドと素材を組み合わせて、醸造を作るといよいよ醸造が可能になる。
これに、ガラス3つから作れるガラス瓶を用意し、水を汲めば準備完了だ。

minecraft

下に水入り瓶を、上にネザーウォートを置くと成分が抽出され、水入り瓶がポーションになる。このポーションに今回のアップデートで追加された様々なアイテムをさらに抽出していくことで、これまた様々な効果を持つポーションを作る事が出来る。例えば

等々、自分に有利に働く物ばかりだ。また、マイナスポーションを作り敵に投げつけて弱体化させることもできる。投げつけた場合、自分でポーションを飲む時と違いガラス瓶が割れてしまうので注意しよう。Xbox360版の砂漠は限られている。自分で飲む場合は手元に空ビンが残るのでガラス資源の心配はない。

ポーション用の素材としてクモがを落としたり、スライムボールとブレイズパウダーを合成するなど新レシピや新合成アイテムも追加されているので確認してほしい。グロウストーンダストを使う物もある。アイテムの消費に注意してほしい。繰り返すが、Xbox版の世界は無限ではない。

オススメは無尽蔵に作れる砂糖・ブレイズパウダー、スライムボールから作る「加速」「対炎」「攻撃力強化」のハイポーション達だ。強化版を作るためにはどうしてもグロウストーンかレッドストーンの粉が必要になる。

牧場物語。但し恋人はエンダーマン。

f7dded228e5893236d33330bdb2404c4

動物たちに恋の季節がやってきた。小麦を持つと動物たちは一目散にプレイヤーにかけより、小麦を与えられるとハートマークをぽこぽこと浮かべる繁殖モードに移行する。繁殖モードの二匹が出会うとそこで求愛ダンスを踊り、子供を産ませることが可能だ。

312d0gj

例えば羊ならこんな感じ。染めた体毛を維持したまま生まれてくるので、羊毛がやっと使い放題になる。子供は大人よりちょっと高い声で鳴くので音でも判別可能だ。子供は一定時間たつと大人に成長する。オスメスや血の近さは考えられていないのでどんどん増やそう。

※繁殖のためにはゲーム内で「動物の位置の記憶」が必要なはずであり、オオカミのようにモブの数字が制限される可能性が非常に高い。ニワトリの画像のように増やせるとは限らない。(未検証)

村の守護神、スノーゴーレム

minecraft___snowman_by_ludolik-d4al097

この冗談のような生物は人類に友好的である。名をスノーゴーレムという。
雪ブロックの上にカボチャを置くと作れる。雪玉を投げて援護してくれるし、足元に雪を積もらせてくれる。何より可愛い。まあ、置いとくといいんじゃないかな。

なお、ネザーでは一瞬にして溶ける。

レア地域、キノコの島

2502629722881746193_3

新バイオームとしてキノコ島が追加される。激レア。キノコ島には巨大なキノコが生えており、地面は菌糸ブロックとキノコで埋め尽くされている。菌糸ブロックは基本的に持ち帰り不可だが、シルクタッチエンチャントのついたシャベルであればお持ち帰り可能だ。

 

3pwpe

キノコ島にはマッシュルームの生えたムーッシュルームなる牛がいる。激レア。毛刈りすると通常の牛に戻る。乳しぼりの要領でボウルを近づけるとキノコシチューが絞れる。どうなってんだお前。もちろん増やせるので、牧場マスターの夢はこのムーッシュルーム牧場を作る事になるのではないだろうか。

※なおレアバイオームなので360版の範囲ではお目にかかれない可能性が非常に高い。PC版でも何か月航海して見つけられるか分からない程度にはレアなのだ。

 

7ABS
なおキノコ島に生えている巨大キノコ、自分で作る事が出来る。十分な空間のあるところでキノコに骨粉を与えると完成。洞窟での食糧に、不思議な村のアクセントにと大活躍である。
※現Verでも可能ですがきのこ繋がりで再度紹介します

クリエイティブモードとマルチプレイヤー

spawnblock

クリエイティブモードでスポナーの設置が可能になった。

また、マルチプレイヤーのホストオプション(部屋主による設定)に以下の物が追加。

  • 採掘の可、不可(ブロック破壊テロ)
  • アイテムの使用可、不可(マッチや溶岩バケツテロ対策)
  • ブロックの設置可、不可(建造物破壊や黒曜石テロ)
  • ドアやスイッチの可、不可(この先入るべからず)
  • チェストの使用可、不可(貴重品を盗まれないために)
  • プレイヤー及び動物への攻撃などの可・不可(フレンドリーファイア)

これを利用すれば脱出ゲームや博物館のような展示用の世界も作る事が可能である。

また、「カスタムスキンアニメーション」なるものが実装されるようだ。名前からするとDLC向けの特殊モーション、またはスキン自体のアニメーション(常時燃えてるとか)なのだろう。続報を待ちたい。

謎のおっさん、村人たち。

20120407155741394

自動生成された村には村人が住むようになる。夜になると家に入り、朝になると村中を歩き回る。現状ではそれぐらいしか無い。更新が進めば村人に肉を売ってハサミやレッドストーンなど多彩なアイテムを買うことが出来るようになるので、おっさんだからと言って殺さないようにしよう。彼らだって生きているのだ。

やっとMinecraftの名に恥じない仕上がりに

デビューから7回ものアップデートを経て、Xbox360版のMinecraftはようやくMinecraftらしくなったと言えるだろう。本家のアップデートも少しずつ遅くなり、PC版のMOD開発も度重なる内部変更から多くの大型MODが脱落したり最新Verへの対応に数か月の時間を要したりと新鮮味の欠ける感じが拭えない今、360版がここまでのアップデートを遂げたのは非常に喜ばしいことである。

次のアップデートからは追いつく以上に独自要素が入ると思われる。mojangも360版に独自アップデートを望んでいるのもあるが、これ以上となると「必ず村が出来る」とか「必ずジャングルや砂漠が出来る」のような世界生成オプションでも使えない限り「要素が入りはしたけど自分のワールドにないので楽しめない」という事が起きてもおかしくないのだ。

最新版(360版より新しい、という意味)で大きな要素と言えば新バイオーム「ジャングル」やその関連のMobに砂漠・ジャングルに出てくる遺跡などが挙げられるのだが、どちらもワールドに生成されなければ意味が無い。ネザーとは別の新世界「ジ・エンド」というのもあるが、地中に廃坑のような形で生成される「要塞」が見つからなければ、プレイヤーは一生ジ・エンドに行くことが出来ない。

Ver更新時に地中をめちゃめちゃにしてでも要塞や廃坑を作り直すとか、世界を4000*4000ぐらいまで広く出来るようにしないと、プレイヤーは何百時間も遊んできたワールドを捨てることになる。どうにか回避できないものかなあ。

Pig_and_baby

この冬、どんな大作よりも熱い牧場物語がはじまる。