読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みたまま記法のボタンが足りないのでMarkdownで書くことにした

Markdown - Wikipedia

空行開けておけば自動で<P>で括って貰えますし、これならばリンクを貼るのもらくちん。そして<HR>のボタンが無い事に苦しむ事もありません。ああ、素晴らしいぞMarkdown記法!

そもそも、HTMLタグ手打ち+FFFTPでアップロードしていた時代を体験しているのにWYSIWYGにこだわる必要ないじゃないですか。しかもこれなら一々タグを書く必要も無いのです。

と、ここまで書いて気づきましたが何だかこの感触、大学時代に使ったTeXの記法に似てますね。


過去記事の引用機能や埋め込みについてはやはりはてなの純正エディタの力を借りた方が楽なので、今後はMarkdownで書いてからコピペしてWeb上で整形という形になりそうです。

書きかたばかり勉強して、肝心の書きたいものが今の所パッと思い浮かばないのですが、今回は「書きかたについて書きたかった」という事で一つご容赦を。