読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕は「かけた時間」が足りないせいで誰かとちゃんと遊べないのが嫌なんだっつってんの。

モンスターハンターのパワーレベリング、所謂「キークエ埋め」というのが僕は実は大嫌いだったりする。あれは本来モンスターと戯れて覚えるはずのスキルも、集めるはずの素材もカッ飛ばしてしまうからだ。

しかしそれ以上に「レベル・ランクが揃ってないので出撃できません」ってのが嫌だ。これは別にモンハンに限らない。「装備を整えなきゃいけないゲーム」なら「かけた時間の指標でしかないレベル」での制限はやめるべきだと思うし、「レベルを上げなきゃいけないゲーム」なら装備の入手あれそれでまで時間をかけさせるべきではないと僕は思っている。というかレベル制な癖に装備まで育てさせないでくれって話なんだよな。

そんな自分がPSO2を一年以上続けているわけだが、運営は最近トチ狂いだしてやたらめったら経験値をバラまくようになった。そんなことをするなら完全に形骸化しているレベル制度なんてやめて装備だけを育てるゲームにすりゃあいいのにとすら思う。「遅く始めた人は今一番遊んでる人たちとはレベルが大きく離れていて、そのレベルの離れた人は低レベルの所に全く来ないからノウハウの継承がさっぱり行われない」なんてアホな事になる前にそうすべきだった。ちなみに武器なら思いっきりばら撒きまくって一番下のラインをぐいぐい上げようとしている。「装備を鍛えてみよう!」という事を運営がやってるのは非常に良いことだ。

レベルが入場制限になるのもそうだが、「アンロック制度」「レベル要素」を入れたせいで「ダメージがちゃんと出ない」とか「貢献できない」というのも好きじゃない。某強盗ゲーム(運営の駄目さのミルフィーユを食らってワシントンが大炎上中)のアレだとか、某スペシメンぶっ殺しゲームのアレだとかもそうだ。プレイ寿命を延ばすためにやっているのは百も承知だが、「時間をかけないといけない」というのが透けて見えると心底がっかりする。というか、そのためにレベル上げ作業を淡々とやっているとゲーム自体へ愛想が尽きてしまう。すべてはクッキーなのか。やはりクッキーだと言うのか。

「誰かと遊ぶゲーム」だっていうならアンロック制度やレベル制度なんて止めちまえばいいのにと思う。もし装備を育てるゲームなら、先行している人が装備をポンと渡してそれで終わりになればいいのになと思う。かけている時間が少ないってだけで、飛行機を撃墜できず、目の前で倒れた味方の蘇生もさせてもらえないようなゲームは本当に勘弁して欲しい。ついこの間オープンベータをやったとあるゲームもそうだった。雪原を黒服のルークって奴がシャコシャコ歩いてTIEファイターに跳ねられて死ぬゲームだ。あれはグレネードすら最初に投げられなかった。

一体どうしたって言うんだ。「かけた時間が足りない」という理由でちゃんと遊ばせて貰えないゲームばっかりじゃないか。いいからちゃんと遊ばせろ。「強化」は要らないから「バリエーション」をアンロックしてくれ。「付け得のオプション」なら最初から付けて渡しておくれよ。自分で装備を作らなきゃいけない道理はないんだから、アイテムのトレード制限を撤廃しておくれよ。最初から美味しいところ食わせてくれよ。何で「最初の二時間が地味」とか、自分からコントローラを置かせに行ってるんだよ。ああもう。

僕は「ゲームにかけた時間が足りない」って理由で、誰かと誰かがちゃんと遊んで、楽しめないのが嫌なんだつってんの。

おいLeft 4 Dead 2やるぞLeft 4 Dead 2!お前がコーチな!