読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでもテザリングをするというお前もしくはテザリングを擁護するお前へ

 

んで、これは前回の記事の裏面だ。

 

cr.hatenablog.com

 

つまるところテザリングでのネットゲームってのは、お前が遊べりゃ他人がどうなろうがどうでもいいって考えてる点でチート(ゲーム改造)で暴れ回るプレイヤーと全く変わりがない。
 
試合そのものがどうなってもいい。自分が楽しければいい。その考え方はコールオブデューティで空を飛んで、マシンガンの速さで空中から爆弾をプレイヤーに撃ち込んで、壁越しに敵の場所を全て透視して殺して「一人だけ楽しくなる」やり方と同じなんだ。
 
この指摘に対し「じゃあお前もテザリングすればいいじゃん」というのは何の意味も持たない。何よりそんな方法で対抗して勝ってもそんなものはひとつも嬉しくない。そんなものはフェアじゃないからだ。ズルにズルで対抗して勝ってもクソったれでしかないからだ。
 
ちゃんと勝って、ちゃんと負けたいんだ。ゲームってそういうもんだろ。違うか。
 
みんなちゃんとゲームする為に金払ってんだよ。ゲーム機だって買ったしゲームだって買ってるし回線費用だって払ってんだよ。ケーブルテレビやレオパレスの回線にうんざりして引っ越した奴だって僕は知ってるよ。そうやって、そこまでして皆「ちゃんとした最低限の環境」を揃えてんだよ。
 
キャーガチ勢コワーイじゃねえよ。たかがゲームなんぞにマジになってんのがプレイヤーって奴なんだよ。マジになってんのにちゃんとしてくれないお蔭でゲームが台無しになるとか最悪だろ。しかも反省の色無しどころか開き直るとか最悪も最悪だろ。
 
回線引くの嫌なら遊ばないでくれよ。「たかがゲーム」なんだろ。たかがゲームなんだから遊ばなくてもいいはずだろ。「たかがゲーム」ってそういう事だろ。たかがゲームって何なんだこの言葉よォ~ッ!クソッ!クソッ!
 
とりあえずよ。光ファイバー前提で組まれたシステムにさ。ケータイの回線なんぞで飛び込んでゲームを壊したりさ、「たかがゲームなんだから」とか擁護とかさ、ちゃんとゲームやりにきてる人らへの侮辱以外の何物でもねえだろ。違うか?違うならどう違うか僕に説明してくれよ。なあ。おい。聞いてんのか。聞いてるだろ。その答えを教えてくれってんだよ。なあ。